病院でのにごり爪治療とは?

病院でのにごり爪治療とは?

にごり爪を病院でちゃんと治したいと思っている人もいると思います。
費用がかかっても、時間がかかっても、とにかく完璧ににごり爪治療を目指す人のために、病院ではどういったにごり爪治療をしてくれるのか調査しました。
ちなみに病院でも科は皮膚科です。

 

そもそも水虫は、「白癬菌(はくせんきん)」というカビの一種が足の皮膚に住み着いて起こす病気です。
この白癬菌は、人間の皮膚や爪、髪の毛などをつくっているケラチンというタンパク質が好物。

 

だから、足以外にも、さまざまな所に住み病気を引き起こします。例えば、頭皮に白癬菌がいてかゆみなどを引き起こす「しらくも」、股であれば「いんきんたむし」などです。

 

白癬菌はほかのカビと同様、高温多湿な環境が大好きで、一般に温度が20〜40度、湿度が60%以上の環境を好みます。肉眼で見ることはできませんが、顕微鏡で100倍ぐらいにするとよく見えます。

 

「水虫は見た目だけの問題だから」「ちょっとかゆいだけだし」などと軽く考えがちなのです。また、家族間での感染も気をつけたいもの。
足ふきマットなどからの感染が多く、家族のためにも水虫対策をきちんと考えましょう。特に小さい子どもがいる家庭では注意が必要です。
子どもの水虫にはなかなか気づきにくく、症状が進んでから見つかるケースも多いようです。

 

「にごり爪」は、この白癬菌が爪に侵入し引き起こします。2008年の調査では、日本人の25%が水虫に、また日本人の10%がにごり爪にかかっているというデータもあります。

 

にごり爪は痒くなることはありませんので、なかなか自分では気づきにくいのです。
主な症状は爪の変色です。爪の症状はケースによって様々で、一概にはいえませんが、一番多いのは爪が白や黄色に濁ったような色になることです。
また、爪の厚さが厚くもろくなり、その爪の下がボロボロになるのもにごり爪と判断する特徴になります。まず、本当かどうか皮膚科での検査が最短コースです。

 

皮膚科を受診して検査をすることは「本当ににごり爪なのか?」「どういった治療がベストなのか?」がわかり完治への近道です。
なかには、水虫ではないのに市販の水虫薬を塗り、症状がわかりづらくなってしまったためにかえって治療が長引くケースもあります。
また、にごり爪を長く放置しておくと変形した爪が元通りにまで戻らないこともあります。

 

少しでも「にごり爪かな?」と思ったら、迷わずに早めに皮膚科に行くことをおすすめします。
にごり爪はかゆくないだけに、何となく違和感があっても放置されがちです。

 

重症化してしまったり家族にうつしてしまったりするデメリットを考えれば、皮膚科に行ってしっかりみてもらうのがベストですね。早めの治療が肝心です。

 

⇒にごり爪をこっそり治したい人はこちら

page top