市販の爪薬ランキング

市販のにごり爪薬ランキング

市販のにごり爪薬はあまり選択肢がありませんが、一応ランキングするとすれば、こうというのがウェブ上では出てきます。
市販といっても、通販だけの商品もありますし、つまり病院に行かなくても変えるにごり爪対策品と考えてください。

 

にごり爪の治療は数年前まで「飲み薬でないと完治できない」と言われていました。しかも、飲み薬には肝機能障害を始めとする「複数の副作用」があります。
もちろん妊婦や授乳中の女性は服用できない薬となります。だから、市販品でにごり爪対策の薬やジェルが発売されるようになりました。
でも、水虫の薬は色々とありますが、にごり爪専用となると、本当に限られてしまいます。

 

にごり爪は皮膚科で診察を受ける事が大切ですが「信用のおけない皮膚科」もありますし、女性なら恥ずかしいと思って放置しがちなのです。
だからこそ、通販専用、市販専用のにごり爪専用の薬などが必要になってくるのです。

 

また、妊娠中・母乳中・肝臓が弱い・高齢の方など、病院に行けない理由もあったりして心理障壁が高いです。
にごり爪とは、水虫の原因菌である白癬菌が爪の内側にまで侵入していきて起きる症状です。
その症状は「爪がボロボロに崩れたり、変色したり、厚ぼったくなったり」と様々です。

 

水虫を放置していて白癬菌が爪にまで浸食したケースがほとんどなので、にごり爪の場合は足の水虫である可能性が非常に高いです。
この場合、爪が白癬菌の住み家になり、にごり爪を治さないと足の水虫も完治しません。

 

ちなみにランキングとすると1位が薬ではないが、天然成分で白癬菌を死滅させる薬として「クリアネイルショット」が、2位に「クリアフットヴェール」3位に「Dr. Gs クリアネイル」がリストアップされました。
1位がなんと医薬品でないというのは驚きですが、一度興味があれば使ってみてください。水虫やにごり爪は、自然治癒力では完治しませんので、何らかの対策が必要なのです。

 

この理由は、古くなった皮膚(角質)や爪が剥がれ落ちる速度より、白癬菌の増殖スピードのが速いためです。
放置していても症状は広がる一方なのです。さらに、にごり爪の場合、爪が邪魔になり「殺菌力」が白癬菌に届かない状態です。

 

優れた「殺菌力」でも、爪でガードされ白癬菌に届かないのであれば意味がありません。このことから、にごり爪の治療には「殺菌力」+「浸透力」が必要不可欠です。
また、どの治療法も今侵されている爪をキレイに治すのではなく、白癬菌を死滅させながら新しい爪が生えてくるのを待つ必要があるため、個人差はありますが、この6ヶ月~1年以上の治療期間というのは必ず必要となります。だから、治療を始めるには一日でも早い方がいいのです。

 

病院でも市販薬でもいずれにしても早めに決断をしてくださいね。

 

⇒にごり爪をこっそり治したい人はこちら

page top