にごり爪が悪化したらどうなる?

にごり爪が悪化したらどうなる?

にごり爪を放置して悪化したらどうなるか?ということですが、それは悪くなるに決まっていますが、それまでの普通のにごり爪の見た目だけの症状だけではなく、悪化して痛みを伴うようになっていきます。

 

それから、足の皮膚に白癬菌が感染し広がって、足全体がにごり爪、水虫の足となって、悪化していくのです。だから、少しでもにごり爪の兆候があれば、早めに治療を開始してください。

 

もしくは自己判断は危険ですので、にごり爪の症状(爪の変形)などが現れたら、病院で本当ににごり爪なのか、他の病気ではないのかを確認することです。他の病気でにごり爪のように爪が変形する病気があるかもしれません。もちろん悪化するまで待つ必要はありません。

 

にごり爪を治療せずに放置していた場合、他の部位までひろがり治りにくくなることがあります。また、冬に症状が治まったのに、夏に再び症状が出るといったケースもあります。

 

さらに、感染が拡大しますよね。家族への感染も考えられます。次に怖いのが、二次感染です。悪化した部分から二次最近感染を起こすリスクが高まるそうです。
足指の間にできる趾間型(しかんがた)水虫にみられます。二次感染を生じた場合は、水虫治療よりも細菌感染の治療を優先的に行います。

 

水虫を放置すると、白癬菌に対するアレルギー反応が起こるようになることがあり、このアレルギー反応を白癬疹(はくせんしん)といいます。
白癬疹では、白癬菌が存在しない場所なのに、発疹が生じます。足の水虫が悪化したとき、手にたくさんの水疱が現れ、ひどくなると全身に発疹が現れることもあります。

 

症状が強い場合は、アレルギー反応を抑える副腎皮質ホルモンの飲み薬や塗り薬が処方されます。
紹介したように、水虫は放置するとさまざまなリスクが高まります。

 

かゆみなどの自覚症状がない場合でも、手足に小さな水ぶくれがある、足の裏や足の指の皮がめくれているなどの症状があるときは水虫を疑いましょう。
にごり爪に有効とされる市販薬もありますが、水虫の状態や治療法を探るうえでも、水虫の疑いがある場合は、専門の医療機関を受診して、医師の診断を仰ぐことをおすすめします。

 

にごり爪は真菌というカビの一種が繁殖して、どんどん広がっていく特徴があります。最初は親指だけに症状が出ていたのに、にごり爪を放置して悪化させてしまうと真菌が繁殖してすべての指に広がることも少なくありません。

 

また肥厚というのがあります。これは爪が分厚くなり盛り上がったようになる状態です。肥厚するだけなく、感染した部分の爪が変色し変形・進行して凹凸が激しくなり、更にはボロボロになってしまいます。

 

最初は部分的に爪がかけているだけでも、次第に広がり悪化させてしまうと、真菌が増殖し皮膚の組織を壊死させてしまい、今度は壊死が足に広がっていったというケースもあります。

 

とにかく1日でも早い治療を始める!というのがベストですね。

 

⇒にごり爪をこっそり治したい人はこちら

page top