にごり爪の飲み薬の副作用とは

にごり爪の飲み薬の副作用とは

にごり爪を医療機関で治療しようとする人は飲み薬と外用薬の処方箋をもらうことになります。(妊婦と授乳中の女性以外は)
にごり爪の飲み薬は肝臓に良くない。副作用があると言われていますが、本当なのでしょうか?

 

にごり爪と判明して処方される飲み薬について確認してみました。

 

にごり爪の治療に使われる主な飲み薬は、「ラミシール」や「イトリゾール」です。
それぞれの特徴ですが、ラミシールは主に水虫の原因菌の増殖を抑え、殺菌する働きがあります。

 

ただ、肝臓に負担をかけることから、この薬を服用する際は定期的に血液検査を行って肝臓の機能に影響がないかを確認しながら進めていくことになります。
もし副作用の症状が見られたら、薬の服用を中止することもあります。

 

次にイトリゾールですが、ラミシール同様、殺菌作用があり、細胞膜の生合成を阻害することで水虫の原因菌を殺菌するといわれています。
服用方法が特殊で、1週間ほど連続して薬を服用し、その後3週間ほどは薬の服用を止めるというサイクルをくりかえす「パルス療法」を採用します。

 

空腹時では薬の成分を十分に吸収できない可能性があることから、食後に飲むようにしてくださいね。おそらくそういう指示が出ると思いますが。
ちなみに、イトリゾールに関しては、服用しない期間もあることから定期的な血液検査を行う必要ないとされています。
ただ、服用途中で肝臓に異常がないかを調べるため、初診時には「血液検査」を行うケースが多いです。

 

これらを服用することで、水虫の原因菌の増殖を抑え、殺菌作用が期待できます。そのため、にごり爪だけでなく塗り薬では治りにくいといわれている「角質増殖型」の水虫を治療する際にも、飲み薬を処方されることがあります。

 

飲み薬が処方されない時もありますが、それは特に肝機能障害の副作用があることから、血液検査で肝臓の機能が低下していないをチェックしてからです。
もし、肝臓の機能が低下しているのに薬を服用すると副作用を引き起こす可能性が高まります。

 

服用することで重症化するケースはあまりないといわれていますが、もともと肝臓機能障害などの病気を患っている場合は、飲み薬を処方されないことが多いです。
また、妊娠中の方や妊娠の可能性がある方は、胎児への影響が懸念されることから、別の治療方法を検討することもあります。

 

高齢の方も副作用を引き起こしやすいといわれており、場合によっては飲み薬が処方されないといわれています。
日常的に服用している薬がある場合も、飲み合わせによっては相互作用を引き起こしかねません。

 

飲んでいる薬がある場合は、お薬手帳や飲んでいる薬がわかるものを持ち歩き、飲み合わせに問題ないかを見てもらったうえで処方してもらうようにしましょう。

 

⇒にごり爪をこっそり治したい人はこちら

page top