にごり爪は病院以外でも治療法がある

にごり爪は病院以外でも治療法がある

にごり爪は病院以外でも治療法があると知っていましたか?もちろんにごり爪の進行度合いにもよりますが、病院で治療しなくても、普通の市販薬や民間療法という治療法でも完治できるのです。

 

なぜなら、にごり爪はカビの一種である白癬菌に感染しているという単純な症状ですが、この白癬菌を死滅させるのに時間がかかります。
それを根気よく医師の指示なくできる自信のある人は、にごり爪でも自宅での治療法を使えばいいと思います。

 

ちなみに、自宅で根気よく薬を使ってと書いておきながらですが、にごり爪は飲み薬が一番効果的です。
ただ、副作用が強いために、妊婦や授乳中の女性は服用することができません。もうひとつ、肝臓機能障害などの複数の副作用の可能性があるために、すでに肝臓疾患で薬を飲んでいる人の併用は無理なのです。

 

だから、塗り薬で自宅完治できるように薬や、白癬菌を死滅させるような成分が入っている医薬部外品が販売されているのです。にごり爪の治療法は色々とありますが、それぞれにメリットデメリットがあります。

 

飲み薬は効果がわかりやすいが副作用が品パイで、通院や費用の面で心配が残る。塗り薬は副作用はないが、継続が必要なので、本当に完治できるまで継続できるかどうかがわからない。

 

では、治療期間はどうでしょうか?にごり爪の治療期間は、どの方法を取ったとしても6ヶ月〜1年の治療を検討してください。
ボロボロになっている爪の中にいる白癬菌を死滅させる治療をしつつ、新しい健康な爪が生えてくるまでの治療が必要なためです。

 

どの治療法でも、現時点で侵されている爪自体をキレイにすることはできません。だから、きれいな爪に生え変わるのを待つしかないのです。
それでは、市販薬ならなんでもいいのかと言えば、そうではなく、にごり爪ですから、爪に浸透する水虫薬でなければ意味がありません。

 

にごり爪の場合も、かかとの水虫と同じ様に、市販の水虫薬では効果が期待できません。爪が邪魔になり薬の有効成分が白癬菌まで届かないためです。

 

爪をヤスリで削って薄くしてから、市販薬を塗って完治させた人など、色々な手法で治療されている方がいます。

 

『にごり爪は市販の「水虫薬」では完治しない』のポイント

 

市販の水虫薬は殺菌力に優れているので、足の水虫の場合は効果的。
しかし、にごり爪の場合は、爪の内側に水虫菌が潜んでいるため、殺菌力だけでなく【浸透力】がどうしても必要となってきます。
それがあるのが市販薬でもにごり爪専用の薬と記載があると思います。

 

浸透力は皮膚に吸収されるような液体ではなく、ジェル状の一定時間爪の上にとどまり、そこから浸透してくれるものでないと効きません。
したがって、爪専用の水虫対策薬かジェルを探す。口コミを読んで確認する。自分が継続して使用できるかどうかの目安となる価格かどうかも見てみる。
上記のように、見るポイントで病院に通わずににごり爪を完治させることは可能なのです。

 

⇒にごり爪をこっそり治したい人はこちら

page top