にごり爪を治すためにどうしたらいいのか

にごり爪を治すためにどうしたらいいのか

にごり爪はとても厄介で、足の皮膚だけではなくて爪まで影響する症状です。にごり爪によって爪が割れたり、爪の色が悪くなったりします。にごり爪の悩んでいる人は少なくないと思います。どうしたらにごり爪が少しでも治る方向にいくのか紹介したいと思います。

 

ひとつはお風呂や自宅の足湯です。自宅の足湯にはバイ菌も何もないから安心です。お風呂でもいいのですが足に熱をかけることでバイ菌を減らす方法もあります。ただ長時間熱いところに入ると蒸せてかゆくなるから評価は普通です。

 

それから足をきれいに毎日意識して洗うことです。石鹸は消毒の代わりになります。足をきちんと洗うことで毎日増えた水虫菌を減らしたり、予防することが出来ます。父もにごり爪になりましたが、この方法を使ったことで症状はよくなりました。

 

お風呂に入って出てからも重要です。水虫だからといってお風呂上がりにすぐ靴下を履くのはおすすめしません。熱がこもったりかゆくなりやすくなるから足がきちんと乾いてから靴下を履くのをおすすめします。また水虫のない人はならないように自分専用の足ふきマットがあることをおすすめします。

 

少し対策を取るだけでにごり爪の治療に向かいます。諦めないことが肝心です。

 

⇒にごり爪に効くジェルがあるって知ってましたか?

page top