にごり爪の飲み薬は市販されている?

にごり爪の飲み薬は市販されている?

にごり爪の塗り薬は市販されていることがわかっていますが、では飲み薬はどうでしょうか?

 

病院で処方される飲み薬は副作用が強いことがわかっていますが、それの濃度の薄いのか、効力の弱い飲み薬がにごり爪用に市販されているのでしょうか?
答えは「ノー」です。にごり爪の飲み薬は、濃度や効力にかかわらず、肝機能に負担がかかることがわかっています。

 

つまり、病院で処方されたにごり爪用の飲み薬を飲んでいても、定期的に血液チェックをして、肝機能が落ちていないかどうかを確認しなければならないのです。
ましてや、妊婦や授乳中の女性は絶対に服用はできない薬です。だからにごり爪の飲み薬は市販されていないのです。サプリメントならあるかもしれませんが、今のところにごり爪用の飲むサプリメントなどは見かけたことがないですね。

 

やはり一番オーソドックスな治療は、病院で処方される塗り薬を使うか、市販されている薬か対策品を使うことです。今ではにごり爪用にキットが販売されているのをご存知でしょうか?

 

これはアマゾンで見つけたのですが、にごり爪なので、爪に入り込んでいる白癬菌をやすりで削るように、ダイヤモンドヤスリと、その使い方一式に、アロマのティーツリー精油(原液でないもの)がセットになっています。

 

これで、白癬菌に感染している爪を削り、なるべく早く新しくきれいな爪を生やす環境を作ります。そして、爪にティーツリー精油配合の液体が浸透しやすいように、足湯をします。1時間程度足をお湯につけてふやかすのです。

 

その後に、その精油を数滴たらして、爪とその周辺の皮膚にいる白癬菌を退治するというキットです。
もう一つも医薬品ではありませんが、「クリアネイルショット」というもので、竹酢液が主成分で含まれています。

 

この「ちくさくえき」というのが古くから民間療法として感染症の治療に使われてきたことで、クリアネイルショットという製品にも配合されています。もちろん白癬菌を死滅させる効果がちゃんと薬の雑誌に掲載されたほどです。

 

このクリアネイルショットにも、ティーツリー精油が含まれています。やはりこのアロマ精油の強力な抗菌、抗真菌作用は、白癬菌にも有効なのですね。

 

市販の合成化学品が入ったにごり爪専用の薬もあるようですが、上記2つのように、天然成分を主に用いていないために、副作用の可能性は否めません。
つまり、手で塗る、手を洗う、でもその手洗いが不十分だとしたら、手や手の爪にも感染する可能性があります。

 

つまり、白癬菌に直接手で触れて塗るというよりも、乗せて置く、という方が正しい方法かもしれませんね。爪がふやけていると、浸透は早いですので、治りも早くなります。ぜひ試してみてください。

 

⇒にごり爪クリアネイルショットの公式サイトはこちら

page top