黒いにごり爪とは?

黒いにごり爪とは?

黒いにごり爪の症状は末期だそうです。だからといって命が脅かされるわけではありません。

 

ただ、にごり爪が黒い状態になり、悪化が続いているということは、歩くのに困難を要しているか、もう普通に靴を履けないのではないか想像します。
黒いにごり爪になる順序を見ていきましょう。
まず、自分の爪がどのような症状なのかを最初に確認してみましょう。
にごり爪の基本的な症状は、爪の色の変化です。

 

にごり爪は初期段階では白、進行すると黄色から血のにじんだような茶色、そして黒く変化していきます。
濁った白ならにごり爪の初期症状の可能性があります。

 

時間が経つにつれて、黄色っぽく変化していっているならにごり爪の可能性は高くなります。
血のにじんだような茶色〜くすんだ黒の場合はかなり高い確率でにごり爪の中期〜末期症状です。
そして爪の厚さや凹凸が激しくなってきます。

 

爪が分厚くなっていくのは、にごり爪の代表的な症状です。
にごり爪に感染した一部だけが盛り上がったり、爪全体が分厚くなったりします。

 

体は健康なのに、爪が分厚くなってきたと感じたら、にごり爪の可能性があります。
白癬菌の感染によって分厚くなるので、健康的な爪と違って、色も濁ってきます。

 

健康な透き通ったピンク色ではなく、白く濁っていたり、汚い黄色に変化している場合は、にごり爪を疑いましょう。
次に爪の表面がボロボロに崩れていきます。爪の表面がボロボロ、ガサガサでちょっと引っ掻いただけでも、崩れたり、はがれたりします。
きれいに生えてこなかったり、すぐに欠けたりするので、爪の先端もガタガタとした見た目になります。
また色が白っぽく濁り始め、爪の表面に筋のようなものがたくさんできます。

 

健康な状態で、爪に筋が出来ることは無いので、爪にできる筋もにごり爪を判断する基準になります。
爪を切る際にパチッと切れず、ボロボロと崩れるようならかなり高い確率でにごり爪です。

 

にごり爪を放置しておくと、爪周辺の皮膚にも感染が広がります。にごり爪単体では、基本的に痛みやかゆみを感じることはありません。
それは爪には痛みを感じる神経がないからです。

 

ですが、にごり爪の人は、白癬菌が周辺の皮膚に感染して、皮膚の水虫を引き起こしている確率が高いです。爪周辺の皮膚が炎症を起こしているので、靴を履いたり、何かがふれると痛みを感じたり、慢性的にかゆみがあったりします。

 

貧血の場合も足の爪に鉄分と酸素がいきわたらなくなり、爪が剥がれることがあるそうです。

 

特に女性は貧血になりやすいので、爪の症状をいきなりにごり爪と判断するのはやめましょう。黒いにごり爪になる前に病院にいって一部皮膚を取って顕微鏡で確認すると、白癬菌がいるかどうかすぐにわかるそうです。

 

にごり爪の場合には、内服薬を勧められますので、肝機能に障害がない場合には、塗り薬と併用して服用することをおすすめします。
黒いにごり爪で塗り薬だけで治そうとするのは、ちょっと難しそうですね。

 

⇒にごり爪に効くジェルがあるって知ってましたか?

page top