爪が黒い時は

にごり爪が黒い時は

にごり爪が黒い時は末期症状です。って、もうご本人ならわかっていると思います。黒い爪になったらかなりやばいところまでにごり爪が進行していると思ってくださいね。

 

日本でにごり爪に悩んでいる人は、およそ1200万人!10人に1人は実はにごり爪に悩んでいます。でも、にごり爪ってどんな症状なの?

 

と疑問に思われる 方の為に、にごり爪の初期症状から末期症状までを解説したいと思います。特に足の爪が黒い状態になっている方は非常に危険な状態です。
初期は変色といっても、黄色い、白く濁るなどです、そこから放置していくと、悪化してにごり爪に感染している爪が黒い状態になります。

 

真菌(カビ)の一種である皮膚糸状菌(白癬菌)が皮膚に感染して起こる病気で、一般的に知られているのは足に感染すると足白癬(=水虫)と言われ、爪に感染すると爪白癬(=にごり爪)と言われます。

 

にごり爪は「水虫の末期症状」ともいわれ、水虫から感染し、爪にまで菌が広がってしまうことが多いです。また、爪と指の間に菌が感染していることから、治療が難しく、完治が長期化する傾向にあります。

 

最初は少し「爪が厚っぽく黄色くなってきたな〜。」程度の自覚症状しかありませんが、放っておくとにごり爪が悪化して非常に危険な状態になります。
まず、爪が濁っている、爪の表面が崩れてボロボロになる、爪に表面に筋ができる、爪のまわりに炎症があるなどですが、にごり爪は、白癬菌による病気ですから、何もせずに放置して治る病気ではありません。

 

放っておくと悪化していき、他の足の爪にも感染が広がる、足の爪が茶色や黒くより変色が進む、足の爪が混濁肥厚し、爪が濁って厚くなる、足の爪がボロボロになり、筋張って割れてくる、家族にもにごり爪の感染が広がる、靴がはけなくなる。
などです。

 

にごり爪の主な治療方法は3通りあると言われています。
一つめは飲み薬ですが、肝臓機能障害という副作用が時々あるらしく、血液検査をしてからでないと服用は難しいようです。
次にレーザー治療です。

 

これは白癬菌を焼いて退治するのですね。

 

最後に塗り薬ですが、爪に浸透するクリーム状のものはなかなかないために、爪が全部はきれいな爪に生え変わるまで、白癬菌がそれ以上奥の爪を浸食しないようにするしかないのです。

 

ただ、この治療どれもしないで自然に治ると思っていたら、にごり爪に感染している部分が黒い爪になってしまったという人。もう塗り薬では到底治りませんので、病院に行ってすぐに処置をしてもらいましょう。

 

おそらく、黒くなっている爪のはがせるところまでははがして、白癬菌を取り除く処置が施されると思います。痛いかどうかは不明ですが、歩けなくなるよりましですよね。

 

⇒にごり爪に効くジェルがあるって知ってましたか?

page top