にごり爪は靴下選びも慎重に

にごり爪は靴下選びも慎重に

にごり爪の人は靴下、靴の臭いも気になると思いますが、普通の水虫と違って痒みがないだけに、足周り品に対してこだわりを持つ人が少ないとか。
それでも、にごり爪の治療薬を使いながらも、靴下や靴に消臭スプレーと頑張っている人もいるみたいですよ。

 

まず、爪白癬(にごり爪)や足水虫の患者さんの足にはいくつかの共通点が見受けられるそうなのです。

 

それが、白癬菌が感染しやすくしているということなのですが、指と指の隙間が少なく、ぴったりとくっついている人、指が太く短い人、土踏まずの隙間がない偏平足な人、外反母趾の人と言われ放題ですが、これのいくつかに当てはまる人はにごり爪になりやすい人と考えて、今は大丈夫でも、気をつけるようにしてくださいね。

 

上記の特徴をみるかぎり、爪白癬(にごり爪)や足水虫にかかりやすい方の特徴は、一言でいってしまえば、風通しが悪く湿りがちな足という感じでしょうか。そもそも白癬菌は風通しが悪く高温多湿な場所を好みます。

 

残念ながら上記の条件のいくつかに当てはまってしまう方は、今後、将来的に爪白癬(にごり爪)や足水虫にかかりやすい方、または感染した場合は完治しにくい方とも言えますのでご注意下さい。

 

そこでポイントとなるのは普段から自分の足を包み込んでいる靴下と靴の選択といえます。しっかりと自分の足の特徴に合った靴下と靴を選び、にごり爪や足水虫が発症しづらい状態をつくるのがポイントだと思います。

 

にごり爪の方、または将来的ににごり爪が心配な方の靴下と靴選びにおいて最も注意しておきたいのが、蒸れにくく通気性の良いものを選ぶことになります。
建築作業で利用する安全靴やコックさんが利用するゴム長靴などは通気性が乏しく白癬菌が繁殖しやすい靴の代表例です。

 

また近年、女性に人気の足首やふくらはぎまでフィットさせるブーツも、非常に蒸れやすくにごり爪や足水虫の増殖を助長します。

 

女性の中には「その手のブーツを利用するのは寒い時期だけだから。」と安心している方もいるようですが、体の他の部位からの発汗量の減った冬季こそ暖かい靴の内部は汗が増えます。

 

この部分を誤解している女性も多いのでよく覚えておいて下さいね。近年、冬場のにごり爪や足水虫患者が増え続けていること、女性のにごり爪や足水虫患者が急増していることを考えれば、もう疑う余地もありませんね。

 

またどんな靴にも言えることですが、湿った状態の靴を毎日履き続けることは白癬菌の温床となりかねません。じめじめとした下駄箱に保管したままだったり、雨に濡れた靴を毎日同じ靴を履き続けることは白癬菌の増殖に繋がります。

 

必ず何足かの靴をローテーションで履き替え、入っていない期間は日光で十分に乾かし、靴の内部をしっかりと乾燥させてください。

 

次に靴下ですが、中には一度履いた靴下を翌日も着用する男性もいますが、もちろんそれは問題外です。普通に、絶対にやめてください。汚れていない靴下に見えても、内部には多くの癬菌が隠れています。

 

夏の湿気の多い時期はもちろんのこと、冬でも必ず毎日靴下は取り替えてください。冬場は乾燥しがちなので油断しがちな方も多いですが、逆に要注意な時期でもあります。

 

今では5本指の靴下もたくさん販売されていますので、それを使用されるのも良いかと思います。

 

⇒にごり爪に効くジェルがあるって知ってましたか?

page top