爪専用のDr. G'sクリアネイル

にごり爪専用のDr. G'sクリアネイル

にごり爪専用のDr. G’sクリアネイルという製品をご存知でしょうか?
Dr. G’s クリアネイルはKenneth B.Gerenaich博士"Dr.G(ドクターG)"によって開発された、副作用の心配がない、にごり爪専用の外用薬です。
内服薬は肝臓・腎臓に負担がかかる恐れがあることから、何とか塗り薬で安全ににごり爪対策ができないか?

 

という声からDr. G’s クリアネイルが生まれました。でも医薬品の第一類でないために通販が可能のようです。
“素早い浸透技術”で特許を取った唯一のにごり爪外用薬で、有効成分トルナフタートが爪の上からじっくりと素早く浸透して、にごり爪のもととなっている白癬菌をじわじわと退治してくれます。

 

トルナフタートは抗真菌薬として広く使用されており、特に白癬菌『水虫菌』タムシなどの真菌感染症に効果が有ります。
Dr. G’s クリアネイルはこのトルナフタートを特許取得した浸透技術で爪の中へ成分を浸透させ、にごり爪に強力に働きかけます。

 

Dr. G’s クリアネイルは現在特許を取得した唯一のにごり爪専用外用薬です。なぜネイルサロンや薬局でDr. G’s クリアネイルが人気なのか、最初Dr. G’s クリアネイルはネイルサロンで話題となりました。

 

配合されているトルナフタートと特許取得の浸透法が、グリーンネイル(緑膿菌)や足のにごり爪(白癬菌)に有効とされ、現在ではにごり爪の塗り薬と言えば、Dr. G’s クリアネイル。

 

アメリカで圧倒的な人気のにごり爪用塗り薬です。ただ、類似品が出回っているとのことなので、くれぐれもご注意ください。
それから、にごり爪は決して自然治癒しません。最初は爪の先端だけが濁る感じのにごり爪だったと思います。

 

それがどんどん爪の奥へと広がって来ていませんか?にごり爪の治療期間はDr. G’sクリアネイルを塗って犯されている部分が完全に生え変わるまでです。
足の爪は1ヶ月に1.5mmしか伸びません。3mm侵食していたら2ヶ月かかります。爪の中に入った水虫菌は爪の奥へ奥へとどんどん侵食。

 

にごり爪の治療開始を1ヶ月遅らせると感染範囲が大きくなり、治療期間はさらに長くかかります。当然、薬の量ももっと多く必要になります。

 

にごり爪治療開始を遅らせるデメリットはあってもメリットは全くありません。そして、にごり爪になりやすい人というのは、そういう環境に足がさらされているということでもあります。

 

副作用の心配のないDr. G’sクリアネイルならずっと使い続けても心配ありませんので、できれば完治したかな?というぐらい綺麗な爪に生え変わっても、半年程度は塗り続けるということをした方がいいと思います。

 

なぜなら、いままであなたのにごり爪からこぼれおちた白癬菌が家にたくさんいるのです。相当掃除しても、その日々身体から落ちた細胞(タンパク質の一種であるケラチンを食べて)で生き続けている可能性もありますため、最後で手を抜くことがないように、継続をしてくださいね。

page top