子供がにごり爪になったら

子供がにごり爪になったら

足の悩みといえばおじさんというイメージですが、にごり爪でも、子供にうつることだってあります。
それでは、子供ににごり爪ができた場合、大人のにごり爪とは対処法が異なるのでしょうか?

 

カビの一種が皮膚に寄生することで起こる病気です。何らかの形で皮膚に付着し、高温多湿の環境のもと、そのまま放置していると、繁殖しにごり爪を発症します。

 

約9割は足にできますが、手や頭など他の部位でも発症します、子供がにごり爪になる原因の多くは、家庭内です。
にごり爪や水虫を持っている家族が歩いたバスマットや畳に触れたり、スリッパや靴下を共用したりして、子供ににごり爪がうつってしまいます。

 

また、プールや銭湯、スポーツジムなどの更衣室の床や足拭きマット、トイレのサンダルなど不特定多数の人が裸足で使うものから、原因が付着し、発症することもあります。

 

でも、付着したら、必ず水虫を発症させるわけではないということです。付着しても、好発部位である足の指の間を洗浄すれば、にごり爪が発症することはほとんどありません。

 

高温多湿の状態で白癬菌が付いたままにしていると、繁殖してにごり爪になる可能性があります。にごり爪の症状は、どこにうつかで対処が異なります。別な場所と言えば、まずは足の指の間ですよね。それから足の裏などです。

 

にごり爪になっている子供は、すでに足の裏や指の間がかゆくなっている可能性も高いのです。

 

ちなみに、「しらくも」といって、頭部に寄生すると発症し、円形や楕円形の脱毛巣を作ります。かゆみはほとんどありませんが、円形脱毛症と間違われて、治療せずに放置してしまうことも多い病気です。

 

足や手に異変が見られて「何かおかしい」と感じたら、自己判断せず、皮膚科を受診して水虫かどうかを診断してもらいましょう。
病院では、寄生していると思われる皮膚の角質や爪の一部をピンセットやハサミなどで採取し、顕微鏡で原因がいるかどうかを見て、診断をします。

 

検査によってアレと診断された場合は、塗り薬もしくは飲み薬、またそれらを併用して治療を行います。ただし、子供の場合は安全性が確立していないため、塗り薬だけで治療となります。

 

なぜなら、効果があるとされる内服薬や妊婦や授乳中の女性などの服用が禁止されていますので、子供ももちろんNGです。にごり爪は、全滅するまで薬を使い続けないと、残った原因が後に増殖して、再発してしまいます。

 

症状が良くなっても、医師から完治したと診断されるまでは、きちんと薬を使い続けましょう。治療にはおおむね2〜3ヶ月を要します。子供をにごり爪から守ってあげてくださいね。

page top