クリアネイルショットは妊娠中も大丈夫?

クリアネイルショットは妊娠中も大丈夫?

クリアネイルショットは妊娠中も授乳中のママでも使用が可能な貴重なにごり爪対策ジェルなのです。
普通の水虫薬は妊婦にはNGですが、クリアネイルショットなら妊娠中でも安心して水虫治療が継続できますよ。

 

なぜなら、クリアネイルショットは天然成分がほとんどで、妊娠中のママや赤ちゃんに毒となるような化学品が含まれていないのです。
日本では約1200万人がにごり爪にかかっていると言われていますが、こんなにも?という感想が多いと思います。

 

でも、感染する可能性もありますから、プールや温泉、ジムなど、とにかく裸足で不特定多数の人が歩く場所では白癬菌に感染する可能性があります。
しかも、この1200万人の中には、高齢者が40%を占めているといわれていますが、近年、若い女性にもにごり爪が広がっているといわれています。
妊娠の可能性のある方、妊婦の方がもしにごり爪に感染してしまったら?

 

白癬菌というカビ(真菌)の一種が爪に感染し寄生して発症します。正式な病名は、「爪白癬」といいます。水虫(足白癬)を長期間放っておいたために、皮膚から爪の中へと白癬菌が侵入し、にごり爪(爪白癬)を発症してしまいます。
にごり爪は一度発症するとなかなか治りにくい病気です。なおにごり爪は足だけでなく、手に発症する場合もあります。

 

症状は爪に筋が入り、白色や褐色に濁り、分厚くなります。爪には神経がないためかゆみや痛みといった自覚症状がないため、にごり爪と気づかず重症化してしまいます。

 

にごり爪の家族とスリッパやバスマット、爪切りを共用するなどが感染の原因だと考えられます。人間の皮膚は約4週間で新陳代謝を繰り返していますが、この新陳代謝によって剥がれ落ちた古い角質にも白癬菌(水虫菌)は存在しており、それが家族に感染してしまうこともあるそうなのです。

 

家庭内だけでなく、スリッパを共有する病院や公共施設、銭湯やプールの足ふきマットなどでも感染することがあります。
ただ、白癬菌が感染するのには最低でも24時間以上は必要といわれていますので、毎日入浴し、良く乾燥すれば感染を防ぐことができます。

 

水虫の「内服薬」は確かににごり爪には有効な治療方法です。しかしながら、妊娠中には服用できない薬となっています。

 

また、普通の人でも、副作用があり、胃の不快感や吐き気、嘔吐、腹痛、下痢の他、肝機能障害などが発生する恐れがあります。

 

つまりクリアネイルショットが一番なのです。ただ、爪が完全に生え変わるまで(半年〜1年)は続けるように頑張りましょう。

 

クリアネイルショットは公式サイトからの通販で最大20%オフの年間コースもありますので、よく吟味して購入するコースを選んでくださいね。

 

⇒にごり爪クリアネイルショットの公式サイトはこちら

page top